TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年11月
ARCHIVE ≫ 2016年11月
      

≪ 前月 |  2016年11月  | 翌月 ≫

サプライズはありかなしか?

先日の職場でのランチタイムのやり取りでタイトルの話題となりました。

先輩がお友達の誕生日でフラッシュモブに参加したって話がきっかけです。
昨年の春に異動してきた後輩ちゃん(二児の母)は、ありえない‼そんな恥ずかしいの絶対イヤだ引くわ‼と全力拒否(笑)
突然踊り出す側になるのは、ちとイヤだけど、やってもらうのはありやなぁとボンヤリ思いながら話を聞いていたのですが、我が社の同僚達はどうやら「それはない」派が多数の模様。
保守的な若者率が多いのか?
だって楽しそうやんねぇ(*^^*)

みんな覚めてるなぁと感じた昼下がりでした~(笑)
スポンサーサイト

転院

早いことに母が今の施設に入所して1年が経ちました。
入所の際に最大5ヶ月と言われていたのが、早1年…その間私が骨折したり母の容態が悪くなったり父が亡くなったり。色々あってあちらも転院の話を持ち出せなかったようです。
けど、ここへ来て母も容態が落ち着いてきていて今しかないと、あちらは踏んだようです(笑)

そこで、転院先の検討をしているのですが流石に薄暗い病院はイヤだし(私が…)出来るだけ明るい雰囲気のところがいいなと思っていました。
そこで、あちらにもらった転院先のリストにあった特養。父が存命の頃時々ショートステイで利用していたところで、私も一度だけ行ったことがあるのですが、綺麗なんです。雰囲気も良くて♪
妹にこの話をしたら2つ返事でOK!当然よね(^^;

で!今度の火曜に見学に行くことになりました。
そこで話も聞けるのかわからないけど、申込が出来たらいいなと思ってます。
何人待ちかわからないけど、極力気持ち良く過ごさせてあげたいと願うばかりです。

また一人…

一昨日、また親しい人が星になりました。
母の大親友で、父の又従兄弟。
近所のおばちゃんで第2の母のような人。

母が倒れるもっと前から重い病を患い入退院を繰り返していて、それでも合間に母を見舞ってくれたりしていたのに…

一昨日の夜訃報が飛び込んできて、言葉がなくなりました。
母が倒れ、父が亡くなった今一番頼れる人でした。
今、喪失感でいっぱいで何も考えられません。

いつも身近にいた人が1人、また1人と私の側からいなくなっていくのに堪えられそうもありません。

けど、孤独感に堪えながら、また明日も生きていくしかないとわかっているけど…
眠ったまま目が覚めなければいいのにと思ってます。

夢に見ること…

何だか11月に入ってから年末の予定が入ってきて俄然気忙しくなってきました。
しかし、平日の忘年会はどうにかならんもんかのぉ(^^;
今から次の日使い物になるか不安でいっぱい(笑)

今も先週末の土日続けて出掛けた疲れが取れず毎日栄養ドリンク飲んでしのいでる有り様(笑)ダメやなぁ(*_*)

そんな中、母が今いる老健から出ないといけなくなりそうで気が重い。
実は2~3週間前までかなりヤバい状況だったみたいで…みたい、というのはあまり知らされてなかったから。ホントにヤバい訳ではなかったようだけど、又何も食べない日々が続いてたので点滴で生きていた感じ。点滴してることは施設に行けばわかるし、その時点で微熱があるので…と説明されていた。
しかし、実際のところはこのままでは…みたいな状況だったそう。
そんなことは知らせてよね~と思いつつ、ケースワーカーさんから目を見張る復活です‼と、力強く近況を報告された(笑)
ついこないだまで点滴しかしてなかった人とは思えない食欲だそうで(笑)
ホンマいつも母にはやられっぱなしやわ(*≧∀≦*)
もうちょっと、この老健に置いておいてほしいと思いながらも決まりもあるだろうし、そうそう我が儘も言えない。
次は特養か病院になるのだけど、病院はイヤだ。
今は特には治療もしてないし、出来れば特養に行かせてあげたい。そこは妹も同じ意見‼良かった(笑)

もう少し意思能力が戻ればなぁと儚い夢を抱いている私…もっともっと母と喋りたい…話したいのよ~‼
今は完全に一方通行だから…。
母の笑顔をもう一度見たい、そんな事をポツポツ考える年末なのでした。