TOP介護 ≫ あれから1週間

あれから1週間

FBで連絡してましたが、先日の5月6日に父が突然亡くなりました。
とても衝撃でした…
その日の朝、いつも通りに朝食を用意して普段通りに出勤しました。
妹が出勤前(8時過ぎ)に昼食を届けに来たときも普段のように話していたとの事。
その日は金曜日で午前中は整形外科のリハビリのデイサービスに日で、9時前にお迎えに来てくれて、でもその時には既に倒れて意識がなかったようです。
小一時間の間に何があったのか…たった一人で心細くてしんどかったやろうなと思うと後悔ばかりが頭に浮かびます。

私が連絡を受けたのはそれから2時間後位でした。仕事で席を離れていて朝一から電話がジャンジャンなっていた事に気付きませんでした。
結局のところ、妹も1番に駆けつけてくれたものの、死に際には間に合っておらず、姉妹二人で申し訳なさでいっぱいです。

その後は、あれよあれよという間に事が進んで、気付けば今日になってるという感じです。
一昨日の金曜から仕事も復帰しましたが、いまだに現実ではなく夢のような気がしてます。

むげな対応ばっかりしててごめんね!とか、全日少し体調悪そうだったのに気付いてあげられなくてごめんね‼とか、そんなことばかり考えてしまいます。

回りからは、本人は苦しむ時間が短かったから良かったんだ‼と言ってくれますが、本当の苦しさなんて誰にもわからないじゃない‼と、心の中で毒づく醜い私がいます…。

父にとって何が良かったのか、今になると何もわからないけれど、もう何も出来ないのが悔しいです。

母には言ってません。言ってもわかるかどうかわかりませんが、きっと父の事は理解するだろうと思ってます。父は母に1番見送って欲しかっただろうとは思いますが、まだ連れて行かれては困るので‼これからも言わないつもりです。

残された母との時間を今まで以上に大切にしていこうと思ってます。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL