TOP日常 ≫ また一人…

また一人…

一昨日、また親しい人が星になりました。
母の大親友で、父の又従兄弟。
近所のおばちゃんで第2の母のような人。

母が倒れるもっと前から重い病を患い入退院を繰り返していて、それでも合間に母を見舞ってくれたりしていたのに…

一昨日の夜訃報が飛び込んできて、言葉がなくなりました。
母が倒れ、父が亡くなった今一番頼れる人でした。
今、喪失感でいっぱいで何も考えられません。

いつも身近にいた人が1人、また1人と私の側からいなくなっていくのに堪えられそうもありません。

けど、孤独感に堪えながら、また明日も生きていくしかないとわかっているけど…
眠ったまま目が覚めなければいいのにと思ってます。
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL