TOP ≫ CATEGORY ≫ 介護
CATEGORY ≫ 介護

新年度早々…

新年度がスタートして怒濤の一週間でした。

まず、しなければいけないことが多過ぎて全部処理しきれない…そのうえ週末の金曜は同僚が休みで一人で乗りきらなければいけなくて、パンク寸前…。
そんな金曜やっちゃいました(実際はやらかしてなかったけど)。
お客様にお渡しする資料の作成を頼まれていて夕方、別の係の同僚が取りに来るということだったので、用意して置いていたのに、いざ渡そうと思ったときにはなかったのです!!
やばい!!イヤな汗をかきながら(心では泣きながら)身の回りを探すこと数度…何度見てもないものはない(涙)上司にも事情を説明して対応を考えるも、頭の中では「やらかしてしもた~」しかなくなってました。
今期から新しく赴任してきた上司は人間なんだから失敗もある!!その後どう対処するかや!!と励ましてくれたものの、ズドーンと気分は落ち込んでました。

もう今日はこれ以上どうしようもないし、遅くなったから帰りなさいと言われ片付けようと引き出しをしめかけた、その瞬間!!引き出しの隙間から一段下に落ちているブツを発見( ̄▽ ̄;)
思わず隣にいた上司に「部長!!ありました~‼」と叫んでました(笑)部長は「泣いてもいいよ(笑)」などと言ってました(^^;
ホントにホントにホッとして脱力してしまいました。
ホントにやらかしてたら事故だったので(>_<)

やれやれと思ったのも束の間…昨日、朝から母の施設の人から着信。
ここからの電話はいつもイヤな予感しかしないんだけど、案の定母が体調崩して発熱し食事も摂らなくなったとの連絡。
昨年も何度かこんなことがあって、その都度覚悟を決めていたのですが、今回も???まだ待って~と思いながら出かける支度。
今のところはホームだから医師が常にいるわけじゃない、医師のいない日は点滴もしてもらえない。施設の看護師さんから医師の受診をした方がいいですと言われ予約してもらうように頼んで、大慌てで支度して以前入院していた病院(そこに連絡してもらってたので)へ駆けつけると母はグッタリしてました。でも、朝に服用した解熱剤が少し聞いたのか意識はちゃんとしてました(ホッ)
点滴された母は痛々しくて見るのも辛いけど、こんなのも久しぶりやねと語りかけたりしながら待つこと三時間、やっと検査の結果が出て話を聞いたところ、血液や肺の方は特段心配ないが尿検査の結果が思わしくなく、そのせいで発熱していると思われるとのことでした。
でも幸いにも入院するほどでもないとのとこで、薬を飲んで様子を見ましょうとなりました。
無事に施設に戻られて良かった~(汗)
母は相変わらずグッタリしてたけど、顔色は少し良くなってたし、点滴が長くかかったから疲れたんやねとヘルパーさんに話しかけられてうんうんと頷いてたので安心して帰路につけました。

この2日でだいぶ神経すり減った(金曜は自業自得)!Σ( ̄□ ̄;)

来週は心穏やかに過ごしたいなぁ。

母のお友達と

今日は、母が25年以上前からのお友達が大阪市内からお見舞いに来てくれました♪

母に会う前に二人でランチしたのですが、何だか変な感じで(^^;
母のお友達に会うときは、いつも母が一緒でした(ま、当たり前)。それなのに、今日は二人。
お互いに何か足りないね~と言いながらの、それでも楽しいランチでした。

そして、いよいよ母の所に行ったのですが、ちゃんと認識してくるれか不安でした…しかし、恐れるに足らず!!リビングにいる母の所にお友達が近付いたら満面の笑みで喜んでくれました!!いやぁ、私も嬉しかった♪♪♪

その後母の部屋に移って、お友達と一緒に写真を撮ったりして思いがけず楽しい時間を過ごすことが出来ました。

ホントにお友達が来てくれて良かった~‼
感謝、感謝です~(*^^*)

転院完了!

今日、午後から早退して母の転院に付き添いました。

今までお世話になってたのは老健(老人保険施設)で、体調も安定してきたということで特養(特別養護老人ホーム)へと移ったという訳です。

申込をしたのは、去年の暮れ。
だけど、入所出来るのは申込順ではないと言われ、いつのことになるやろう?と呑気に待っていたら先月末に空きが出来たのでどうぞと連絡があったのです~‼
そして、どうぞと言われたら即刻転院しないといけないようで、あれよあれよと言う間に今日になってしまったという(^^;

ホンマにあっという間でした。

今回お世話になるのは特養でもユニット式というこれまでの従来型とは違うシステムとのこと。

何がなんだか、理解しない内にお引っ越し~となってしまったけど、心配なことが1つ。
これまで、多床部屋(いわゆる大部屋)で同じ部屋に四人いたのだけど今日からは個室…母は自分からコミュニケーション取れないながらも人と接するのが大好きなので、個室になってしまうと寂しくないかなぁ?ということ。
急激な環境の変化が体調に出ないか心配なのです。

もう移ってしまったから今更四の五の言ってもしようがないんだけど…。

施設でお世話になる人とも一通りご挨拶が出来たし、これが母に吉と出るように祈るしかありません!!

転院

早いことに母が今の施設に入所して1年が経ちました。
入所の際に最大5ヶ月と言われていたのが、早1年…その間私が骨折したり母の容態が悪くなったり父が亡くなったり。色々あってあちらも転院の話を持ち出せなかったようです。
けど、ここへ来て母も容態が落ち着いてきていて今しかないと、あちらは踏んだようです(笑)

そこで、転院先の検討をしているのですが流石に薄暗い病院はイヤだし(私が…)出来るだけ明るい雰囲気のところがいいなと思っていました。
そこで、あちらにもらった転院先のリストにあった特養。父が存命の頃時々ショートステイで利用していたところで、私も一度だけ行ったことがあるのですが、綺麗なんです。雰囲気も良くて♪
妹にこの話をしたら2つ返事でOK!当然よね(^^;

で!今度の火曜に見学に行くことになりました。
そこで話も聞けるのかわからないけど、申込が出来たらいいなと思ってます。
何人待ちかわからないけど、極力気持ち良く過ごさせてあげたいと願うばかりです。

夢に見ること…

何だか11月に入ってから年末の予定が入ってきて俄然気忙しくなってきました。
しかし、平日の忘年会はどうにかならんもんかのぉ(^^;
今から次の日使い物になるか不安でいっぱい(笑)

今も先週末の土日続けて出掛けた疲れが取れず毎日栄養ドリンク飲んでしのいでる有り様(笑)ダメやなぁ(*_*)

そんな中、母が今いる老健から出ないといけなくなりそうで気が重い。
実は2~3週間前までかなりヤバい状況だったみたいで…みたい、というのはあまり知らされてなかったから。ホントにヤバい訳ではなかったようだけど、又何も食べない日々が続いてたので点滴で生きていた感じ。点滴してることは施設に行けばわかるし、その時点で微熱があるので…と説明されていた。
しかし、実際のところはこのままでは…みたいな状況だったそう。
そんなことは知らせてよね~と思いつつ、ケースワーカーさんから目を見張る復活です‼と、力強く近況を報告された(笑)
ついこないだまで点滴しかしてなかった人とは思えない食欲だそうで(笑)
ホンマいつも母にはやられっぱなしやわ(*≧∀≦*)
もうちょっと、この老健に置いておいてほしいと思いながらも決まりもあるだろうし、そうそう我が儘も言えない。
次は特養か病院になるのだけど、病院はイヤだ。
今は特には治療もしてないし、出来れば特養に行かせてあげたい。そこは妹も同じ意見‼良かった(笑)

もう少し意思能力が戻ればなぁと儚い夢を抱いている私…もっともっと母と喋りたい…話したいのよ~‼
今は完全に一方通行だから…。
母の笑顔をもう一度見たい、そんな事をポツポツ考える年末なのでした。